記事一覧

多良間村教職員に淡水レンズの仕組みなど解説

 






2018/08/04 09時01分配信 - 教育 -

【多良間】多良間村の小中教職員を対象に地下水の実験や教材づくりに関する勉強会が1日、 多良間小で行われた。 琉球大学理学部の新城竜一さんらが島の水環境について考える 「水の環でつなげる南の島の暮らし」 プロジェクトや淡水レンズの仕組みなどを説明した。 国立研究開発法人科学技術振興機構の科学技術コミュニケーション推進事業で行われた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19777-1.jpg
模型による淡水レンズの説明を聞く参加者たち=1日、 多良間小学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加