記事一覧

持続可能な島作り学ぶ~宮工高エコ授業

 






2018/07/18 09時06分配信 - 教育 -

 県立宮古工業高校 (金城透校長) の3回目となる電気自動車(EV)学習カリキュラムの検討・試験的授業が17日、 下地上地の宮古島市エコアイランドPR館 (愛称・エコパーク宮古)などで行われた。 同校自動車機械システム科の生徒たちはエコアイランド宮古島の取り組みとEVとの関係について学ぶとともにエネルギー関連施設を見学し理解を深めた。市(下地敏彦市長) は将来的なEV普及を見据えて中長期的な技術者の育成を検討し、 島内で唯一の自動車コースのある宮工と連携を決定。 現在カリキュラムの検討を行いながら並行して授業を実施しており、「手探り状態」 だという。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19675-1.jpg
エコアイランド宮古島の取り組みについて理解を深める自動車機械システム科の生徒たち=市エコアイランドPR館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加