記事一覧

避難勧告発令、市民ら60人余が避難

 






2018/07/11 09時06分配信 - 社会・一般 -

 非常に強い台風8号の接近に伴い、 10日は宮古島地方は各地で大荒れの天候となった。 市では暴風警報が発令された同日未明に池間島や来間島、 大神島などを含め9カ所で避難所を開設し、 45世帯60人が避難 (午後1時現在) した。 また、 沖縄電力では9日に災害対策本部を設置し離島への事前派遣 (宮古など周辺離島へ60人) など体制を整え対応に当たっているが各地の停電を確認している。 宮古島を発着する空と海の便も終日全便が欠航した。
続き
 市防災危機管理課によると避難者数は、 市役所平良庁舎が22世帯24人、 城辺庁舎が9世帯12人、 伊良部庁舎4世帯10人、 上野庁舎1世帯3人、 下地公民館1世帯1人、 池間地区防災センター1世帯1人、 JTAドーム宮古島2世帯4人、 大神島離島振興コミュニティセンター4世帯4人、 来間離島振興総合センター1世帯1人の計45世帯60人となっている。 このうち平良庁舎では早い人で午前3時頃に避難してきた人もいたという。 1階ロビーに避難した市民が長イスに座り、 テレビニュースの台風情報を不安そうに見ていた。
 避難していた女性は 「大阪から観光で宮古島に来ていた。 10日に帰る予定だったが飛行機が欠航。 タクシーの運転手に市役所が安全と聞いたので避難してきた。 こんなに大きな台風は経験したことないので不安」 と話していた。
 市では午前8時に災害対策本部を設置し被害状況の確認に当たっているが午後1時現在で被害は確認されていないほか、 市消防本部によると 「火災警報器の誤報」 などはあったものの、 けが人などは確認されていないという。 また、 沖縄電力によると宮古島市で3520戸が停電 (午後2時現在) が確認されている。
 停電区域は次の通り。
 平良字西里、 平良字西仲宗根、 平良字東仲宗根添、 平良字西原、 平良字大浦、 平良字島尻、 平良字狩俣、 上野字宮国、 城辺字比嘉、 城辺字長間、 城辺字西里添、 城辺字下里添、 城辺字砂川、 城辺字福里ほか

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19632-1.jpg
台風接近に伴い多くの市民や観光客らが避難し不安そうな様子で過ごしていた=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加