記事一覧

台風8号午後にも最接近、暴風、大雨、高潮に注意

 






2018/07/10 09時07分配信 - 社会・一般 -

 気象台によると猛烈な台風8号は非常に強い勢力で、 きょう10日の朝から昼前にかけて宮古島地方に接近する恐れがあり、 厳重な警戒を呼びかけている。 明け方には暴風警報が出るもよう。 沿岸の海域で猛烈なしけとなる見込みで海岸付近の低地では高潮による浸水や冠水にも注意が必要。 早めの台風対策と暴風警報発表中は不要不急の外出を避け、 海には近づかないよう求めている。
続き
 9日午後3時現在、 日本の南、 北緯22度25分、 東経131度55分を時速30㌔で西北西に進んだもよう。 中心の気圧は935ヘクトパスカル、 中心付近の最大風速は50㍍、 最大瞬間風速は70㍍。 暴風域は中心から北側170㌔以内と南側130㌔以内、 強風域は中心北東側440㌔、 南西側280㌔。 10日正午ごろには非常に強い勢力で、 宮古島の東南東約150㌔に達すると見られる。 中心の気圧は940ヘクトパスカル、 中心付近の最大風速は50㍍、 最大瞬間風速は70㍍が予想されている。
 暴風域は10日の午前に始まり、 夜半までと見られている。 最接近は10日午後3時から同6時頃と見られているが速度が速まる可能性もある。 9日の最大風速は北東13㍍、 最大瞬間風速25㍍、 10日は最大風速が北東のち南東50㍍、 最大瞬間風速70㍍、 波の高さは9日が4㍍、 10日は12㍍と予想。 また10日は1時間に100㍉の猛烈な雨が降る見込みで10日午後6時までの24時間の雨量は250㍉、 11日午後6時までの24時間は200~300㍉と予想されている。 気象台では台風の速度が比較的速いため、 10日は急激に風が強くなる。 発表する警報や注意報、 気象情報に留意し早めの台風対策を呼びかけている。
 台風8号の接近が予想されることから宮古空港発着の空の便では欠航や混雑が予想される。 全日空、 日本トランスオーシャン航空の両航空会社は宮古空港発着の全便欠航。 また多良間海運の 「フェリーたらまゆう」、 大神海運の 「スマヌかりゆす」 が欠航となっている。 このほか9~11日入港を予定していたクルーズ船4船も欠航が決まった。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19626-1.jpg
台風図

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加