記事一覧

東添道水源開発、来年供用開始へ

 






2018/07/07 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) の上水道施設整備事業 「東添道水源開発工事」 が6日、 起工した。 水源地は東添道流域で6カ所目、 市全域では白川田湧水を除くと11カ所目で、 新たな水源開発は17年ぶりとなる。 東添道は2019年3月までに供用開始される。 1日当たりの取水計画量は3000㌧で市全体では3万6400㌧となる。 現在の平均供給量は約2万4000㌧でより安定した水量が確保されることになる。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19611-1.jpg
東添道水源開発工事の地鎮祭で鍬入れする下地市長 (中央) ら=平良西仲宗根

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加