記事一覧

市景観審議会が陸自車両整備場など適合と答申

 






2018/07/05 09時07分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市景観審議会 (池田孝之会長) は4日、 景観計画区域内での建築工事が届出されていた沖縄伊良部島商業施設計画 (仮称) と陸自宮古島駐屯地新設工事 (車両整備場B) について景観に関わる適切な対策が確認されたとして景観計画に適合するとし、 平良久松の 「オーシャンビュースカイ新築工事」 など2件については再検討を求め継続審議とすることを答申した。 また増加する宿泊施設建設などに対応した景観計画ゾーンのあり方も提言した。
続き
 今回の答申は6月29日付で市から諮問されたもの。 答申は同審議会の庄司優副会長から長濱政治副市長へ行われた。 届出があったのは海岸地域景観ゾーンで計画されている伊良部下地島の「(仮称)沖縄伊良部島商業施設計画」(13㍍)と農地集落景観ゾーンの上野千代田の「陸自宮古島(30) 駐屯地新設工事 (車両整備場B)」 (16㍍)、 平良松原の 「オーシャンビュースカイ2新築工事」 (7階建て、 21㍍)、 隣接する 「池原マンション2新築工事」 の計4件。
 陸自宮古島駐屯地新設工事については農地集落ゾーンの建築物の高さ基準原則12㍍に対して申請は16㍍となっているが隣接する建物を12㍍以下とすることなどを考慮し 「適切な配慮が行われたと認める」 と原案に同意した。 同整備場にはクレーンを整備するという。
 一方、 平良久松の建築物も農地集落ゾーンに指定されており、 原則で高さ12㍍に対して申請が21㍍となっていることなどを踏まえ、 「高さ21㍍の建築物は周辺景観に圧迫感を与えると懸念する。 事業を計画する時点で隣地との調整及び調和を図るべきであり事業者の説明する内容にはその配慮が乏しい。 影響を与えないとのことなら日影図等の根拠データと対処法をもって説明すべき」 と説明。 付帯意見として 「12㍍を超えるがせめて15㍍5階建てとするなど再検討をすること」 を求め継続審議とした。
 また、 庄司副会長は観光客の予想を超える大幅な増加などに伴いホテルなどの届出が増えているとして 「景観計画地区はこのままで良いのかという意見がある。 例えばリゾート地域を設けてある程度の高さを認めつつ景観にも配慮するルールを作るなど、 景観計画の見直などを検討してはどうか」 と述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19597-1.jpg
隊庁舎や車両整備場などの施設整備に向けて造成工事が進められている陸自宮古駐屯地の現場=上野の旧千代田カントリークラブ跡地上空より

ファイル 19597-2.jpg
庄司副会長 (左) から長濱副市長に答申書が手渡された=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加