記事一覧

先嶋建設が社内安全大会、協力会社・社員表彰

 






2018/07/04 09時02分配信 - 産業・経済 -

 先嶋建設 (黒島一洋社長) は2日、 同社研修ホールで2018年度社内安全大会を行った。 社員や協力会社員らが参加し、 「安全は全てに優先するを改めて自覚し、 労働災害防止の重要性を深く認識し、 心身とも健康で安心して安全に働ける快適な職場環境の実現に向けて一歩一歩着実に取り組む」 を宣言した。
続き
 黒島社長は、 2年前の平良港での事故に触れたうえで 「事故の影響を共有し、 気持ちを引き締め安全優先で取り組んでいきたい」 などと述べた。 来賓あいさつで宮古労働基準監督署の宮國浩署長は県内の労働災害件数を説明し、 「夏場の熱中症には気をつけ、 十分に体調管理をしてほしい」 と呼びかけた。
 宮古島警察署の崎浜秀樹交通課長の安全講話、 産業保健センターコーディネーターの西里えり奈さんの特別講話 「健康を決める力を身につける」 も行われた。
 また新城直人さん (建築部) が意見発表し、 友利寛忠副社長が安全衛生管理者の説明を行った。 上地博幸さん (車両部) が安全宣言を読み上げ、 最後は指差呼称が行われた。
 安全表彰者は次の通り。
【協力会社 (感謝状) 】=仲程好信 (大倉産業代表)、 下地栄 (サカエ装研代表) 【社員】大嶺正志 (建築部)、 我謝将之 (土木部)、 比嘉盛和 (同)、 根間徹 (重機部)、 下地敏治 (車両部)、 上地健夫 (同)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19585-1.jpg
社内安全大会で安全講話などに耳を傾ける社員ら=2日、 先嶋建設

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加