記事一覧

市民ら健康祈願、宮古神社で茅輪くぐり

 






2018/06/30 21時03分配信 - 催事・イベント -

 毎年6月晦日に行われる夏越の大祓 (おおはらえ・6月祓) 及び茅輪くぐりの行事が30日、 宮古神社の境内で行われた。 多くの家族連れが訪れ、 茅草でつくった直径2㍍ほどの輪をくぐり抜け、 向こう半年間の無病息災を祈願した。
続き
 この行事は、 8世紀初めに制定された大宝律令で宮中の年中行事として定められた。 衣服を毎日洗濯する習慣がなかったころ、 雑菌が繁殖しやすい夏場を前に、 新しい着物に替えることで疫病を予防する意味があったとされる。 一時期途絶えたが、 江戸時代に再開した。 現在は 「茅の輪くぐり」 として各地の神社などで受け継がれている。
 この日は、 あいにくの天気となったが早くから大勢の地域住民が訪れ、 人が知らず知らずのうちに重ねた罪穢れを移す形代に家族や親族の名前を書き奉納。 お祓いを受けたあと茅の輪をくぐり抜けて向こう半年間の無病息災を祈願した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19571-1.jpg
向こう半年間の無病息災を願って茅の輪をくぐる地域住民ら=宮古神社

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加