記事一覧

全九州少年少女空手で上田さん優勝

 






2018/06/28 09時02分配信 - スポーツ -

 全九州少年少女空手道選手権大会が23・24日、 熊本県の熊本市総合体育館で行われ、 小学2年女子個人形の部で上田楓乃さん (凜道場宮古島支部、 久松小) が優勝した。 小学1年女子個人組手の部に出場した下地咲笑さん (同宮古島支部、北小) は初戦、 小学4年女子個人形の部の野原雫さん (同多良間支部、 多良間小) は2回戦で敗退した。
続き
 上田さんは 「去年の九州大会は決勝で負けたので、 今年は決勝で勝ててうれしい。 8月には全国大会があるので去年よりも良い成績になるよう練習を頑張りたい」 と喜びを話した。
 野原さんは 「2回戦で負けて悔しかったが、 自分なりに良い演武ができた。 全国大会では2回戦以上勝ち上がりたい。 残り1カ月稽古を頑張って全国優勝を目指したい」、 下地さんは 「みんなが応援してくれたのに負けてしまった。 一生懸命練習して全国大会では1試合1試合を大事にしたい」 とそれぞれ述べた。
 凜道場の仲村渠ゆかり場主は 「形、 組手ともに新ルールにまだ対応できてない部分もあり、 全国に向けて大きな課題となった。 離島というハンデをものともせず優勝した選手もおり、 空手に限らず努力の大切さと挑戦という希望を持たせてくれるきっかけになった」 と大会を振り返り、 「九州が終わったのと同時に各選手全国への課題の克服と新たな挑戦への道がスタートしたので、 気を引き締めて個々の目標に向かって取り組みたい」 と語った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19549-1.jpg
九州大会に出場した (左から) 野原さん、 上田さん、 下地さん=24日、 熊本市総合体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加