記事一覧

地元企業などトライアスロン成功祝う

 






2018/06/28 09時01分配信 - スポーツ -

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会地元企業・関係団体感謝の集い (主催・同大会実行委員会) が26日、 市内のホテルで行われた。 寄付やボランティアなどで大会を支援した関係者らが多数参加し、 交流を深めるとともに大会が成功裡に終わったことを祝った。
続き
 大会長の下地敏彦市長は 「今回からスイムが2周回コースとなったが選手には多少の戸惑いもあったようだ。 今後周知を徹底すればもっと良くなると思った。 安心安全なコースになるよう年々改革できている」 と振り返るとともに、 「大会も大きく成長し、 宮古島の1年がトライアスロンで明けるほどになっている。 これからも協力をよろしくお願いしたい」 と謝意を述べた。
 市議会の佐久本洋介議長は 「トライアスロンは宮古島を代表する一番のビッグイベント。 支えているのは皆さん。 毎年頑張ってもらい大会も盛り上がっている。 これからも一緒に盛り上げていこう」 とあいさつ。 市教育委員会の宮國博教育長や宮古島商工会議所の下地義治会頭が音頭を取り乾杯した。
 会は大会報告やお楽しみ抽選会も行われ、 参加者らは食事や飲み物とともに大いに楽しんでいた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19548-1.jpg
宮國教育長 (左) の音頭で乾杯する参加者ら=26日、 ホテル共和スーパースター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加