記事一覧

「宮古島の夏到来」ロックフェス開催

 






2018/06/23 21時06分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島の本格的な夏の訪れを告げる恒例の野外音楽イベント 「ミヤコアイランドロックフェスティバル2018」 (主催・同実行委員会) が23日、 宮古島コースタルリゾートヒララトゥリバー地区ヘッドランド特設会場で開催された。 会場を埋め尽くす多くの観客らは人気アーティストの迫力あるステージに暑さも忘れて熱狂していた。
続き
 太陽の強い日差しが照りつけ、 平良では最高気温30度を超える真夏日となったこの日、 会場には開演早々多くのファンや市民が詰めかけ、 音楽の祭典を満喫した。
 メインステージでは 「夢見るアドレセンス」 のオープニングアクトで華々しく開幕。 続いて登場した 「オレンジレンジ」 に会場のボルテージは一気に高まった。 「クリスマスアイリーン」 や 「ヤバイTシャツ屋さん」、 「モノアイズ」、 「シム」 の熱のこもった演奏にファンは手を振りながら大きな声援で応えていた。
 ブレイクタイムをはさみ、 後半は 「ドラゴンアッシュ」、 「キックザカンクルー」 が登場。 パフォーマンスを披露した。 ビーチステージでは前日に引き続き、 丸山純奈やルードアルファが舞台に立ちイベントを盛り上げた。
 きょう24日は、 同会場でこれまでの後夜祭にあたる 「~音と花火の祭典~宮古島ROCK×花火大会inトゥリバービーチ」 が催される。 初めてとなる花火大会では 「宮古最大の花火」 を打ち上げられ、 ステージではバンドを超えて結成される特別ユニットが会場を盛り上げる。 開演午後5時 (開場午後4時)。 当日券3000円、 島内限定学生チケット1000円。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19531-1.jpg
出演アーティストの熱のこもった演奏に手を振りながら応える観客たち=トゥリバー特設会場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加