記事一覧

平和を願い文化交流、ウクレレワークショップ

 






2018/06/23 21時04分配信 - 文化・芸能 -

 沖縄女子短期大学児童教育学科の子育て支援事業の一環として、 ハワイと沖縄の交流をテーマにしたウクレレ・ワークショップが23日、 平良東仲宗根のはなぞのこどもえんで行われた。 絵本作家でミュージシャンのスチュアート・ナゴさんによるミニライブや絵本読み聞かせ、 演奏体験などを通して園児たちはウクレレと親しんだ。 「慰霊の日」 にちなみ平和の祈りを込めた演目も行われた。
続き
 ナゴさんは自作の絵本を英語と日本語で読み聞かせ、 途中でウクレレも演奏しながら子どもたちを物語に引き込んでいた。 ミニライブでは平和への願いが込められた 「この素晴らしき世界」 を弾き、 与那城美和さんの三線と 「涙そうそう」 を共演。 ウクレレの演奏体験ではCコードだけで弾ける 「カエルの歌」 を教え、 園児もすぐに弾けるようになっていた。 同短大の学生も琉球舞踊を披露した。
 このワークショップは全国各地で実施している。 同短大の柳生崇志准教授は 「学生たちは保育や幼稚園での仕事を目指している。 地域の子どもや保護者に色んな体験をしてもらいたい。 『慰霊の日』 に合わせ平和と文化の交流が目的」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19529-1.jpg
ナゴさん (左) のウクレレ演奏に手拍子で応える園児たち=はなぞのこどもえん

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加