記事一覧

宮古島市不法投棄ゴミ問題、市職員に有罪判決

 






2018/06/19 09時07分配信 - 政治・行政 -

 2014年度不法投棄ゴミ撤去事業で回収したゴミの量の水増し公文書である計量伝票を改ざんするなど 「虚偽有印公文書作成・同行使」 の罪で起訴された宮古島市環境衛生課の職員・上地広男被告の判決公判が18日、 那覇地方裁判所平良支部で開かれた。 松原経正裁判長は 「市民の行政への信頼を失墜させ、 許されるものではない」 と指摘。 一方で、 「前科前歴がなく、 反省の言葉を述べている」 として懲役1年6カ月、 執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19497-1.jpg
告発状を検察に提出した代理人2人の弁護士と市民ら=2016年3月

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加