記事一覧

EV技術者育成目指し宮工で試験的授業

 






2018/06/14 09時04分配信 - 教育 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) と県立宮古工業高校 (金城透校長) は13日、 電気自動車 (EV) 技術者育成のための学習カリキュラムの検討と試験的授業を連携して実施していくことを発表した。 エコアイランドを宣言する市はEVの普及に取り組んでいるが車両整備の環境構築が課題となっている。 現在、 県内の実業高校でEVに関するカリキュラムは無く、 基本的な整備技術を学ぶ課程を1年間検討。 将来的なEV普及を見据え、 中長期的に技術者を育てていく。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19465-1.jpg
EV学習カリキュラムの検討などについて発表する下地市長 (右2人目) ら=宮古工業高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加