記事一覧

空手道大会で上田さん、下地さんが市長に優勝報告

 






2018/06/14 09時03分配信 - スポーツ -

 第14回沖縄県少年少女空手道選手権大会小学2年女子形の部で優勝した上田楓乃さん (久松) と小学1年女子組手の部で優勝した下地咲笑さん (北) が13日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 優勝報告と九州・全国大会の出場権を獲得したことを報告するとともに実際の組手や形を披露した。
続き
 同大会で上田さんは昨年に引き続き優勝し2連覇を達成。 決勝の相手は昨年上田さんが全九州大会で敗れたチャンピオンだったが、 5―0の完全勝利だったという。 下地さんはデビュー戦での優勝となった。
 下地市長を表敬した2人は緊張した面持ちで質問に答えた。 空手を始めたきっかけを聞かれ、 上田さんが 「友達のお父さんが空手の先生で友だちもやっていたから」 と返答。 下地さんは 「組手で相手にやられても痛くないの」 との質問に 「痛くない」 ときっぱり答えていた。
 2人は23、 24の両日に熊本市総合体育館で行われる全九州大会及び8月4、 5日に東京武道館で開催される全日本大会に出場する。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19464-1.jpg
優勝したことを下地市長に報告した上田楓乃さん(前列左)と下地咲笑さん(同右)=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加