記事一覧

「みゃーく方言大会」の出場者8人が決定

 






2018/06/12 09時06分配信 - 文化・芸能 -

 第25回鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会 (主催・宮古島市文化協会) が30日午後6時30分からマティダ市民劇場で開催される。 同協会は11日、 同協会事務局で会見を開き出場者8人が決定したことを報告した。 チケットは16日午前10時から販売される。
続き
 出場者は▽野原康男さん (56) 平良西原出身▽瑞慶覧学さん (43) 城辺福嶺出身▽砂川ジュディ (順子) さん (53) フィリピン出身 (下地上地) ▽下地政吉さん (56) 伊良部仲地出身▽根間直樹さん (44) 城辺吉野出身▽照屋健市さん (60) 多良間塩川出身▽天久富雄さん (66) 城辺下里出身▽狩俣榮吉さん (81) 平良下崎出身―の8人。 砂川さんはフィリピンから宮古島に嫁いできて姑との会話などから方言を学んだという。
 同協会の大城裕子会長は 「25回の節目の大会。 方言の継承は難しいが少しでも残したいと思う。 各地域の 『すまふつ』 が披露されると思うので楽しみにしてほしい」 と述べ、 多くの市民の支援に感謝した。
 この大会は文化の基層をなす方言に思いを深め、 「みゃ~くふつ」 の豊かさの共有と継承を目的に実施。
 チケットの販売は16日午前10時から▽市中央公民館▽上野公民館 (旧改善センター▽下地農村環境改善センター▽城辺公民館▽女性・若者等活動促進施設 (伊良部) ―で行われる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19453-1.jpg
出場者8人が決定したことについて報告する大城会長(右から2人目)ら=市文化協会事務局

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加