記事一覧

平良港受入機能を強化、みなとまち再生検討委設立

 






2018/06/08 09時07分配信 - 政治・行政 -

 平良港国際クルーズバース整備などに伴い寄港数や観光客数の大幅な増加が予想されることから、 平良港及び周辺地区での受入機能強化に向け、 みなとまち宮古再生プロジェクト検討委員会 (委員長=下地敏彦市長) が7日発足した。 上陸客が円滑に移動するための2次交通ターミナル等の整備、 背後市街地と一体となったまちづくり構想などに官民が連携して取り組んでいく。 行政や経済団体で構成される委員会の下に幹事会、 作業部会を設けて検討を進める。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19432-1.jpg
クルーズ船客受入強化に向けて発足したみなとまち宮古再生プロジェクト検討委員会=市中央公民館研修室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加