記事一覧

オクラの日に消費拡大キャンペーン

 






2018/06/01 21時02分配信 - 産業・経済 -

 6月6日の 「オクラの日」 にちなみ、 JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会オクラ専門部会 (浜川正信部会長) は同日午前9時から、 JAファーマーズマーケットあたらす市場で消費拡大キャンペーンを開催する。 オクラを1袋50円 (約100㌘) と格安で販売する他、 オクラ料理の試食も行う。
続き
 1日、 同市場で記者会見を行った浜川部会長は 「生産農家は消費者のため安心安全なオクラを提供していきたい。 宮古は県内有数のオクラ産地であり、 さらなる消費拡大、 産地ブランド化を目指して一丸となって取り組んでいきたい」 と述べ、 多くの市民の来場を呼びかけた=写真=。 また当日試食を行うオクラを使った天ぷらやヒラヤーチ、 南蛮漬け、 かるかん、 ケーキなどの料理も紹介した。
 同キャンペーンは 「ヘルシー夏野菜オクラでパワーアップ」 をスローガンに島内外の消費者に向けて 「安心安全な」 宮古産オクラを広くアピールするとともに、 消費拡大を図るため開催されている。 格安のオクラは約2000袋を準備する予定。 セレモニーに引き続き午前9時から販売を開始する。
 今期のオクラは作付け等の遅れで例年より20日ほど遅れているが、 5月中旬頃からは出揃い、 現在は日量350㌔で推移。 ピークは6月下旬から7月上旬頃と予想されている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19391-1.jpg
写真

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加