記事一覧

オープンキャンパスで授業紹介、特別支援学校

 






2018/05/31 09時01分配信 - 教育 -

 県立宮古特別支援学校 (佐和田聡校長) は30日、 同校で2018年度オープンキャンパスを実施した。 50人を超える市の教育・福祉関係者や親子らが参加し、 同校で行われている教育について理解を深めた。
続き
 施設及び授業見学に先立って行われた学校概要説明で佐和田校長が 「オープンキャンパスは本校の教育を地域の人たちに紹介するもの。 参加者によって見どころは多岐にわたると思う。 教育の基本原理は特別支援教育にあると言われる。 改めて教育の基本とは何かを再確認する機会としてもらえればと思う」 とあいさつ。 教務の篠原辰徳教諭から学校概要が説明された。
 施設及び授業見学では、 参加者らが小、 中、 高等部の授業を見学。 個別課題に取り組む児童や集団での学びを展開するクラスなどを見て回った。 校舎内の一角では教材教具展が行われ、 児童生徒の課題に合わせて作られた教材教具に見入っている参加者もいた。
 児童デイサービス 「ココア」 から参加した管理者の比嘉崇さんは同事業所を利用する児童たちの授業の様子を見学。 「子どもたちは自分のやるべきことをしっかりと理解して取り組んでいる。 表情もキリっとしており、 ココアにいるときとは表情が違う。 今後学校と同じような支援ができるなら連携を図りたい」 と感想を述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19376-1.jpg
参加者たちに個別課題に取り組む様子を披露する児童 (左から2人目) =宮古特別支援学校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加