記事一覧

神屋いきいき広場で口腔ケア楽しく学ぶ

 






2018/05/23 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 NPOはっぴークラブ (新垣圭子代表) は22日、 神屋いきいき広場で 「高齢者の口腔ケア」 を行った。 神屋などから参加した高齢者らは、 講師の前里さおりさん (宮古島市地域包括支援センター歯科衛生士) の口腔ケアの重要性やケアの方法などの説明を受けながら楽しく学んでいた。
続き
 全2回の講座は口腔内を清潔に保ち、 口腔体操することで認知機能を改善し介護予防することを目的に実施。 インフルエンザ・誤えん性肺炎予防や唾液の分泌促進、 味覚の改善、 コミュニケーションの改善、 認知機能改善などの効果が図れるとしている。
 前里さんは 「口や歯の機能が衰える (口腔機能の低下=オーラルフレイル) と栄養をとりにくくなったり、 誤えん性肺炎を起こしやすくなるなど全身の健康に悪影響を及ぼす。 この状態が続くと身体機能の衰えから寝たきりなどにつながりやすいこともわかっている」 と説明し、 「オーラルフレイルを防ぐために、 しっかり口腔機能向上に取り組みましょう」 と呼びかけた。
 口腔ケアのポイントは▽毎食後歯みがき、 うがいなどで口内を清潔に保つ▽口腔内体操で口を毎日よく動かして口の機能を保つ―などを勧めた。 口腔体操では実際に 「口を閉じたまま、 ほおをふくらませたり、 すぼめたりする」 「口を大きくあけて、 舌を出したり引っ込めたりする」 「舌を出して上下、 左右に動かす」 ▽ 「パ、 タ、 カ、 ラ」 と発音することで口の周りの筋肉や舌の機能が向上する―を行った。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19327-1.jpg
前里さん (左) の指導で口腔体操に取り組む参加者たち=平良下里の神屋いきいき広場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加