記事一覧

宮古高校後援会が宮古そば900食振る舞い激励

 






2018/05/17 09時02分配信 - 教育 -

 県立宮古高校後援会 (松川勝光会長) が16日、 同校で生徒激励会を行い、 全生徒や教職員に宮古そばを振る舞った。 松川会長は 「生徒全員にそばを食べてもらい、 スポーツ、 文化、 学習面で頑張ってほしい」 と激励した。
続き
 同後援会が宮古そばを振る舞うのは今回で2回目。 授業終了のチャイムが鳴ってしばらくすると校舎から大勢の生徒が一斉に現れ、 そばを配るテントの前に長蛇の列を作った。 準備された900食のそばがあっという間になくなっていった。
 母親専門部の垣花良子部長は 「お母さんたちが朝から一丸となって準備した。 昨年の反響は大変良く、 今後もずっと続けていかなければと思っている」 と語った。 松川会長は 「沖縄本島の高校などでは大会に出場する運動部の生徒たちにそばなどを振る舞う 『栄養会』 があるが、 宮古高校では分け隔てなくすべての生徒や教職員に食べてもらっている」 と胸を張った。
 そばを食べたバスケットボール部の上地諒卓君 (3年) は 「次の大会ではベスト4を目標に頑張りたい」 と抱負を語った。 数学が好きで 「積分サークル」 を立ち上げるという西山潤君 (2年) は 「お母さんたちの思いがこもっていてありがたい」 と笑顔を見せた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19291-1.jpg
後援会の保護者らが準備した宮古そばを受け取るために長蛇の列を作る生徒たち=宮古高校

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加