記事一覧

犬に咬まれ男性けが、保健所が注意喚起

 






2018/05/16 09時01分配信 - 社会・一般 -

 15日午前6時30分ごろ、 平良久貝の路上で自転車に乗っていた男性 (57) が犬に咬みつかれ、 右足にけがを負った。 宮古島警察署によると、 犬は雑種で体長約50~80㌢くらい、 茶色または黒色だったという。 宮古保健所では発生地域周辺のパトロールを行い、 特定に努めている。
続き
 同署によると、 男性は犬に咬みつかれた後、 病院で感染予防の注射をするなど処置を受けたという。 同保健所の職員は 「破傷風などの恐れがあるため予防注射を行う。 狂犬病にかかる可能性は現在のところ低い」 と説明する。
 犬が人に咬みつくことについて同保健所では4月1日から15日までに6件の被害報告を受けているという。 「野犬であれば人を恐れて近づかない。 人に近寄ってくるのは現在か過去に人に飼われていた可能性が高い。 パトロールで直接捕獲するほか、 住民の許可を得て罠を仕掛けることもある。 同時に犬を放し飼いにしないように指導している。 犬よりも飼い方の問題が大きい」 と指摘した。

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加