記事一覧

伊良部断水、原因は水道施設損傷判明

 






2018/05/15 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は先月27日から今月1日まで伊良部島の南区 (伊良部、 仲地、 国仲、 長浜、 佐和田) で発生した断水について 「水道施設の損傷で配水池に必要流入量が確保できなかった」 ことが原因だったことを明らかにした。 14日、 市役所平良庁舎で下地市長、 市上下水道部の大嶺弘明部長らが会見した。 市は当初、 海岸線から南区へのホテルなどの建設に伴う水使用量の急激な需要量に供給量が追いつかなかったことが要因としていたが、 その後の調査で機械の一部損傷が判明した。 同部では伊良部南区住民を対象に16日に説明会を行い経緯を報告する。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19282-1.jpg
給水車からの飲料水などを確保する住民ら=先月29日、 伊良部島国仲

ファイル 19282-2.jpg
水道施設に損傷があったと説明する下地市長 (右) と大嶺部長=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加