記事一覧

豪トライアスロンチームがキャンプ地候補視察

 






2018/05/15 09時02分配信 - スポーツ -

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを含むトライアスロン競技に向けたキャンプ地を選定するためショートトライアスロンのオーストラリアナショナルチーム視察団が13日から、 宮古島を訪れている。 14日には市役所平良庁舎で県と意見交換を行ったほか、 長濱政治副市長を表敬訪問した=写真=。
続き
 視察に訪れたのはダニエル・アトキンス監督、 サスティン・ドゥリュー技術委員長、 マネージャーのダニエル・マンガーノさんの3人。 今回は宮古島のプール、 陸上競技場、 ホテルなどを視察。 ドリュー技術委員長は 「とても美しい場所で、 宮古島の人たちのホスピタリティが素晴らしく、 受け入れの気持ちを感じた。 スポーツアイランドのコンセプトを実現できる環境」 などと語った。
 視察は14日までで、 オーストラリアに戻った後複数ある候補地について検討を行う。
 ドリュー委員長は、 「キャンプ地は3~4週間で決定する」 意向を示した。長濱副市長は宮古島で野球や陸上のキャンプを受け入れていることや飛行機の直行便など交通の利便性などについて説明し、 歓迎の意を示した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19277-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加