記事一覧

下里豪志さんが小学生らにピアノ公開レッスン

 






2018/05/12 09時04分配信 - 文化・芸能 -

 南風原町出身のピアニスト、 下里豪志さんが11日、 マティダ市民劇場で子どもたちを対象に公開レッスンを行った。 下里さんは 「クラシックの色の要素を感じられるような」 部分を大事にして、 3人の小学生や高校生たちが練習してきた曲を指導した。 きょう、 マティダ市民劇場でチャリティピアノリサイタルが開催される。
続き
 レッスンを受けたのは伊礼心詩さん (平一小4年)、 下村雄太郎君 (同6年)、 宮国快吏君 (伊良部高1年) の3人。 伊礼さんは 「木苺」 (ジェラール・ムニエ作曲) を演奏し、 下里さんは 「目の前の木苺が色づいてもう食べられるかなっていうドキドキ感」 をイメージすることや、 「良い香りがする場所と臭い場所では息の吸い方も違う」 と呼吸 (息継ぎ) の仕方を想像しやすいように伝えていた。
 宮国君は昨年の市民総合文化祭の合唱で伊良部中学校が出場した際、 伴奏で弾いた 「大切なもの」 (山崎朋子作曲) を準備してきたといい、 指導を受けていた。
 下里さんは10歳でピアノを始め、 県立開邦高校芸術家音楽コース、 上野学園大学音楽学部演奏家コースを経て、 現在イタリアのイモラ音楽院でピアノを学んでいるという。 祖父は宮古島出身。
 きょうのリサイタルは午後6時開演 (午後5時半開場)。 全席自由で大人1900円、 中学・高校生1000円、 小学生以下無料。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19264-1.jpg
伊礼さん (左) にブレスの仕方やイメージなどを伝える下里さん (中央) =マティダ市民劇場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加