記事一覧

桃原邦雄さん県サトウキビ競作会受賞報告

 






2018/05/10 09時03分配信 - 産業・経済 -

【多良間】先月19日の県サトウキビ競作会で特別優良事例の部県糖業振興協会理事長賞で表彰された桃原邦雄さんが7日、 多良間村役場で伊良皆光夫村長に受賞を報告した。 桃原さんは毎年100㌧以上生産しており、 2017/18年産は150㌧、 平均甘蔗糖度14・2度の成績で、 きめ細かな肥培管理や病害虫防除などが地域の手本になっていることが評価された。
続き
 桃原さんはサトウキビを栽培して42年。 多良間島に適した優良品種を栽培し、 収穫面積の半分は手刈り収穫することで高品質のキビを生産。 除草剤を散布せずに手取りや機械で除草を徹底。 適期の肥培管理や農薬散布などを率先して行い、 原料員も務めるなど地域のサトウキビ生産振興にも貢献してきた。
 桃原さんは 「畑の中に除草剤をできるだけ入れないようにする。 夏場は1~2時間でも除草作業に取り組んでいる。 自分が元気な限りは頑張ってやっていきたい」 と話した。
 伊良皆村長は 「土づくりや除草作業、 適期の肥培管理などで反収や糖度のアップを実践してきたからこその表彰。 受賞を励みに生涯現役で頑張ってほしい」 と激励した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19250-1.jpg
県糖業振興協会理事長賞を報告した桃原さん (左2人目) =7日、 多良間村役場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加