記事一覧

宮古島市の狂犬病予集合注射はじまる

 






2018/05/08 09時02分配信 - 政治・行政 -

 2018年度狂犬病予防集合注射が6日から始まった。 同日は宮古島市役所平良庁舎西側駐車場で、 宮里動物病院の獣医師が飼い主が連れてきた犬に予防注射を行った。
続き
 この日は南西1・2区、 神屋、 大三俵1・2・3区、 前比屋、 上角、 大原1・2・3区、 久貝、 松原、 馬場、 腰原1・2区の区域を対象に実施。 初めて飼い犬を登録する飼い主は犬の種類、 毛色、 性別、 名前、 体格、 年齢を記入し、 予防接種を受けていた。
 宮古島市環境衛生課によると対象となるのは約2600頭で、 この日は118頭が接種を受けた。 同課では 「集合注射に参加できなかった場合でも最寄りの動物病院に通知するハガキを持参すれば接種できるので対応してほしい」 と呼びかけている。
 注射を受ける際の注意点として▽咬む癖のある犬は口輪を付ける▽リード、 首輪を抜けないようにする▽犬をしっかり制御できる人が連れてくる―となっている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19235-1.jpg
開始直後から市民が飼い犬を連れ予防接種を受けていた=6日、 市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加