記事一覧

下地市長が自衛隊の伊良部給水支援で感謝

 






2018/05/08 09時01分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市の下地敏彦市長、 大嶺弘明上下水道部長らが7日、 上野野原にある航空自衛隊宮古島分屯基地の古田桂子司令を訪ね、 先月27日から発生した伊良部島南区の断水時に自衛隊の給水車が出動したことについて謝意を述べた。
続き
 今回の断水は使用量に対して供給量が追いつかなかったことが原因。 自衛隊は延べ408人に約1万491㍑を給水した。 断水時には市の上下水道部に連絡要員として自衛官が常駐していたという。
 下地市長は 「急きょ自衛隊に給水をお願いしたが丁寧に対応してくれた。 多くの人たちが相当な水を利用していたと思う。 水は限りある資源。 大切に使うという事を市民も理解したと思う。 ありがとう」 と謝意を述べた。 古田司令は 「島の皆さんの力になれたと思う。 現場に行った隊員にも住民の皆さんから差し入れなど温かい心配りを頂き励みになった」 と述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19234-1.jpg
下地市長 (左3人目) が古田司令 (右) に給水支援を感謝した=市上野野原の航空自衛隊宮古島分屯基地

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加