記事一覧

17年度平均有効求人倍率1・40、宮古職安

 






2018/04/28 09時04分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所 (渡真利直人所長) は27日、 2017年度一般就職紹介状況を発表。 それによると有効求人倍率は1・40倍で前年度比0・05ポイント上昇となり、 3年連続で1倍超えとなった。 県平均は1・13倍、 八重山職安の1・52倍に次ぐ高さとなった。 建設業の受注量増や入域観光客の増加などで求人は高止まりしており、 18年度も求人倍率は1倍以上の水準で推移すると見られるが、 人手不足の進行も懸念される。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加