記事一覧

アジア未来社などバイオコークス事業化へ

 






2018/04/21 09時05分配信 - 産業・経済 -

 宮古島で生産されるサトウキビのバガスや月桃 (方言名・サニン) など農作物や植物の残さを活用した 「バイオコークス」 のテスト製造が、 上野地区で実施されている。 共同で製造するアジア未来エネルギー開発機構宮古島 (陣内義浩社長)、 近畿大学バイオコークス研究所 (井田民男所長) が20日、 下地上地のエコアイランドPR館前で製造トラックを展示、 公開し、 将来的な実用化に向けた可能性を紹介した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19131-1.jpg
バイオコークス製造トラック前で説明する近畿大の井田所長=下地上地

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加