記事一覧

観光客増で、宮古島市のゴミ量5年後2万㌧台

 






2018/04/17 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は16日、 市廃棄物等減量推進審議会 (会長・新垣武沖縄国際大教授) の答申を踏まえ、 一般廃棄物処理基本計画を改訂、 策定した。 入域観光客数の大幅な伸びなどを背景にゴミ排出量を16年度実績の年間1万9370㌧が年次的に増加し、 計画期間最終の22年度には約2万1200㌧と予測するとともに、 16年度実績比でゴミ排出量を2・5%削減、 リサイクル率を約22%増加させることなどを盛り込んだ。 今後、 具体的な目標などを設定する実施計画に取り込む方針だ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19105-1.jpg
一般廃棄物処理が行われている市クリーンセンター外観=平良西仲宗根

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加