記事一覧

トライアスロン大会スケジュールを確認

 






2018/04/17 09時06分配信 - スポーツ -

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会の競技実施検討委員会が16日、 JTAドーム宮古島会議室で行われた。 委員らが当日のスケジュールや水泳競技の中止基準などを確認。 水泳中止の際はデュアスロン競技で行うことを決定した。
続き
 正午から行われた同委員会では、 組織、 運営体制について説明。 また大会当日、 降雨、 強風、 波浪などの気象条件が悪化する場合において、 大会の開催及び中止についての権限は同委員会にあることを確認。 大会の安全確保のため、 大会当日の暴風、 波浪、 高潮、 大雨、 津波の各警報発令中の場合は水泳競技を中止し、 強風、 波浪、 大雨注意報発令中の場合は、 波高、 風速、 視程、 水温及び潮流等の実情を考慮して、 距離の短縮、 コースの変更など競技実施検討委員会の権限において決定するとした。
 水泳競技が中止になった場合はラン・バイク・ランのデュアスロン競技で行われる。
 下地敏彦市長は 「トラブルが無いよう万全を期しているが不安もある。 特にスイムコースは周回コースに変更された。 その他の競技は例年通りだがしっかり検討し良い大会にしていこう」 などと呼びかけた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19104-1.jpg
水泳競技の中止基準などについて確認する委員ら=JTAドーム宮古島

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加