記事一覧

燃料電池自動車2台、民間事業所が導入

 






2018/04/14 09時06分配信 - 産業・経済 -

 大和電工 (宮里敏彦社長) と宮古ビル管理 (根路銘康文代表) は13日、 県内で宮古島のみとなる燃料電池自動車 (FCV) のホンダ・クラリティ2台を導入した。 同日、 宮古空港で車両引き渡し式が行われ、 宮里社長と根路銘代表にゴールデンキーが授与された。 自然エネルギーのみからスマート水素ステーション (SHS) で水素を取り出す 「地産地消のエネルギー」 を利用するのは珍しいといい、 宮里社長らは 「環境に配慮したこの取り組みを宮古島から世界に発信したい」 と話した。
続き
 宮古島には現在、 宮古空港ターミナル (下地義治社長) が使用しているFCV1台と合わせて3台が導入されている。 いずれも民間企業による導入で、 宮里代表は 「通常官公庁が活用しており、 (民間企業の導入は) 国内でも例がないのではないか」 と話す。
 FCVは水素と酸素を化学反応させて電気をつくる燃料電池でモーターを回して走る車で、 水素ステーションで燃料となる水素を補給する。 同ターミナルは太陽光発電で得られた電気を使い、 宮古島で採れる水を電気分解して水素を作って利用しており、 生成から利用までCO2を排出することがなく 「画期的な取り組み」 だという。
 引き渡し式で宮里社長は 「自然エネルギーからSHSで水素を取り出しているのは全国で宮古島を含めて2例しかない。 効率はまだまだだが、 災害時などの利用の実験などを行っていきたい」 との考えを示していた。
 来賓の下地敏彦市長 (代読・長濱政治副市長) は 「エコアイランド宮古島にふさわしい素晴らしい取り組み。 世界にアピールできるのでトライアスロンの先導車に使いたい」 とあいさつした。
 同ターミナルの下地社長は 「FCVは災害時などに外部へ電源を供給でき、 容量は一般家庭の約7日分となる。 未来型の車と言える」 と述べた。
 県宮古事務所の稲福具実所長が 「カーボンフリー社会を実現する画期的な取り組み」、 エコアイランド宮古島EV協議会の平良恵一郎会長が 「この2台の活躍でさらに普及していくと思う」 とそれぞれ期待を寄せた。
 本田技研日本本部法人営業部の笠原琢部長は同ターミナルによる水素の供給を 「ホンダは平成28年3月からFCVのリースを行っており、 累計200台以上を納車しているが、 宮古島の取り組みは非常にユニーク」 と評価した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19089-1.jpg
ゴールデンキーを授与される根路銘代表 (左から2人目) と宮里社長 (右) =宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加