記事一覧

燃料電池自動車2台、民間事業所が導入

 






2018/04/14 09時06分配信 - 産業・経済 -

 大和電工 (宮里敏彦社長) と宮古ビル管理 (根路銘康文代表) は13日、 県内で宮古島のみとなる燃料電池自動車 (FCV) のホンダ・クラリティ2台を導入した。 同日、 宮古空港で車両引き渡し式が行われ、 宮里社長と根路銘代表にゴールデンキーが授与された。 自然エネルギーのみからスマート水素ステーション (SHS) で水素を取り出す 「地産地消のエネルギー」 を利用するのは珍しいといい、 宮里社長らは 「環境に配慮したこの取り組みを宮古島から世界に発信したい」 と話した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19089-1.jpg
ゴールデンキーを授与される根路銘代表 (左から2人目) と宮里社長 (右) =宮古空港

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加