記事一覧

平良中、下地中でe―ネット安心講座

 






2018/04/13 09時03分配信 - 教育 -

 子どもをインターネットによる犯罪やトラブルから未然に守るための沖縄総合通信事務所のe─ネット安心講座が12日、 平良中学校と下地中学校で行われた。 認定講師の嶺間恵誠さん (NTT西日本沖縄支店) が、 ネットに潜む危険性や安易な使用が取り返しのつかない事態を招くことなどを説明。 正しい使い方やフィルタリングの利用を呼びかけた。
続き
 このうち平良中では1年生を対象に実施。 生徒の半数以上はスマホを所持しており、 嶺間さんは中高生等に多いネットトラブルを紹介し、 メールに関して 「文字でのやりとりは誤解や勘違いを招きやすい。 メールを送る際は必ず1度は読み返す。 相手の気持ちを考えて傷つけないようにしよう」 と注意した。
 なりすましや誘い出しについては映像で事例を見せながら 「ネットは簡単に人と出会えるが、 世の中には色んな人がいる。 顔写真や名前、 住所、 学校など個人が特定される情報を簡単には載せない。 一度ネットに載せた情報はなかなか消せない」 と話した。 手数料や商品代の未納を告知する詐欺メールには 「身に覚えのないものには絶対に反応、 返信をしない。 すぐに削除するように」 と述べた。
 嶺間さんはネット社会に対して 「ネットは自己責任の世界。 情報の真偽を見抜く判断力、 サイトや迷惑メールの誘惑に負けない自制力、 自分の言動に責任をとる責任力が必要」 と生徒たちに呼びかけた。
 生徒を代表して新里聖人くんが 「ネットには色々な危ないことがあることを知った。 これからは気を付けて使っていきたい」 と感想を述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19079-1.jpg
生徒たちに安心安全なネット利用について講話する嶺間さん=平良中体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加