記事一覧

懐かしい歌楽しむ「フォークの日」コンサート

 






2018/04/11 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 「第5回宮古島フォークの日」 のコンサート (主催・同実行委員会) が9日、 南の島パニパニシネマで行われた。 のひなひろしさんや下地康三さん、 バンドの99%、 ボロボロンズが70~80年代の懐かしいフォークソングを歌った。 沖縄県出身で長渕剛さんものまねタレント東渕剛さんがスペシャルゲストとして出演し会場を沸かせた。
続き
 のひなひろしさんは悪天候のなか宮古島から沖縄本島への飛行機に搭乗し、 揺れて怖かった様子を歌にした 「乱気流」 ではユーモラスに表現し、 「六月の雨」 「季節はずれ」 「西原街道」 を披露した。
 下地康三さんは小椋佳の 「さらば青春」、 イルカの 「雨の物語」、 99%はかぐや姫の 「赤ちょうちん」、 泉谷しげるの 「春夏秋冬」、 ボロボロンズはチューリップの 「心の旅」、 ガロの 「学生街の喫茶店」 などを歌った。
 東渕剛さんは、 長渕剛のものまねで 「夏祭り」 「素顔」 「純恋歌」 「交差点」 「逆流」 を披露した。 会場には50代、 60代を中心に多くのフォークソング世代が詰めかけ、 青春時代の懐かしい歌に感動した様子。 聞きながら好きな歌では一緒に歌う姿も見られた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19064-1.jpg
宮古島フォークの日コンサートではのひなひろしさんらが懐かしい曲を歌った=9日、 よしもと南の島パニパニシネマ

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加