記事一覧

国営かんがい排水、18年度は38億円

 






2018/04/10 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市で実施されている国営かんがい排水事業の2018年度事業費が、 大規模地下ダムを水源とする 「宮古伊良部地区」 で38億5千万円、 既存用水路の配水管老朽化に伴う国営施設応急対策で4億円が計上されていることが9日、 分かった。 事業費ベースの進ちょく率は17年度末で46%に達している。 18年度も仲原地下ダム、 牧山ファームポンド、 用水路整備などを進める。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19062-1.jpg
地下ダム築造工事が行われている建設現場=城辺の仲原地区

ファイル 19062-2.jpg
下地市長 (右) に事業概要を説明する平良所長 (左端) ら=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加