記事一覧

國仲智江子さんが15日にCD制作発表会

 






2018/04/06 09時04分配信 - 文化・芸能 -

 自身も目にハンデを持ちながらも作詞・作曲活動を行っている歌手で、 点字方式のごみ袋 「ラッキーローズ」 も考案した國仲智江子さんのCDがこのほど完成し、 その制作記念発表会が15日にマティダ市民劇場で行われる。 「輝く未来へ~パラリンピックに向かって」 と題した発表会にはゲストで古謝美佐子さんらが参加する。 5日、 國仲さんは宮古新報社を訪ね、 「多くの人に聞いてほしい」 呼びかけた。
続き
 國仲さんは 「パラリンピックへ向かって頑張っているすべての皆さんへの応援歌として作った。 私は目にハンデがあり、 (点字式) ごみ袋も考案した。 障がい者のスポーツであるパラリンピックの会場で宮古島市のおもてなしの心として (点字式) ごみ袋を使ってもらいたいとの思いがある。 願いがかないそれが活用できたら歌も同じように応援歌として考えてほしい」 と話し、 「私の歌を聞いて障がいを持っている人がスポーツだけでなくいろいろな所で自分たちも 『もっと頑張って元気が出る』 と言ってもらえたら嬉しい。 子どもから大人まで歌える曲となっている」 と話した。
 発表会は15日午後5時30分開場、 同6時開演。 場所はマティダ市民劇場。 料金はCD込み。 楽曲は 「輝く未来へ」 と 「生まれてありがとう」 が収録されている。 発表会には古謝さんのほか、 宮古特別支援学校の生徒、 宮古高校の生徒らも参加するという。 連絡先はラッキーローズ商事 (72・0805)。
 國仲さんから本紙読者へ先着5人にチケットを贈呈。 希望者は宮古新報まで受け取りに。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 19037-1.jpg
CDが完成し発表会をPRする國仲さん=宮古新報社

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加