記事一覧

宮古が北山に逆転勝ち、県高校野球春季大会

 






2018/03/27 09時05分配信 - スポーツ -

【那覇支局】開催中の第65回県高校野球春季大会 (主催・県高野連ほか) は25・26の両日、 北谷公園野球場などで1回戦9試合と2回戦8試合が行われた。 宮古勢は、 1回戦で宮古 (宮里友也監督) が北山に5─2で競り勝ち、 宮古工業 (佐久原大志監督) が美来工科に1─4で敗れた。 26日の2回戦では、 宮古総合実業 (神里正太監督) が中部商業に0─7の7回コールド負けを喫した。
続き
 宮古は北谷公園野球場の第2試合で登場。 序盤は相手に得点されても直後に追いつくという粘り強さを見せ2─2で終盤に入ると7回裏、 3番宇座幸太郎の適時打で勝ち越しに成功し、 8回にも2点を加えて逆転勝ちで2回戦に駒を進めた。
 宮里監督は 「離島ゆえの対外試合の少なさもあって、 やはり初戦は固くなった。 相手投手が良いと聞いていたので今日はガマン勝負だと話していた。 次も強豪校だが、 一戦必勝で4強入りしシード権を取れるように頑張りたい」 と語った。 完投した與那覇達也は 「公式戦初勝利。 勝てて良かった。 冬は投げ込みのほか、 走り込みやスクワットなどで鍛え、 先輩にアドバイスを貰ってフォーム改善にも取り組んだ。 まだ7~8割のできなのでこれから上げていきたい。 次は先発かどうか分からないが、 投げるのなら今日以上のピッチングをしてチームに貢献したい」 と意欲を見せた。
 逆転打で 「前チームからの3番。 打ってくれると思っていた」 (宮里監督) との信頼に応えた宇座は 「打てて良かった。 ワンヒットで1点の場面なので、 ストレートを狙っていた。 対外試合が少ないので、 1球1球に集中することを心がけている。 大学生の試合を見ると、 エラーがなく守備からリズムを作っている。 自分たちもそうできたら。 次も勝てるように頑張る」 と意気込み。
 下地大介主将は 「相手にリードされる厳しい展開だったけど、 粘って中盤に勝ち越せてよかった。 エラーが出てもミスが連鎖しないようみんなで落ち着こうと声をかけ合った。 次はしっかり打って守って、 自分たちの展開に持ち込みたい」 と表情を引き締めた。
 結果は次の通り。
【25日】
北山
 011000000─2
 01100012×─5
宮古
(北) 金城洸、 仲村、 新城玲─上間
(宮) 與那覇─下里
▽2塁打=田村 (宮)
宮古工業
 001000000─1
 00011110×─4
美来工科
(宮) 宮城─佐和田
(美) 比嘉竜─玉城
▽3塁打=比嘉竜 (美)
▽2塁打=與那覇、 大田 (宮)、 比嘉元 (美)
【26日】
宮古総合実業
 0000000─0
 0020401─7
中部商業
(宮) 仲宗根純─濱川真
(中) 山城、 宮里─前田
▽2塁打=伊良部 (宮)、 前田、 知念 (中)

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18974-1.jpg
北山―宮古の8回裏、 ダメ押しの4点目となるホームに滑り込む佐和田翔弥=25日、 北谷公園野球場

ファイル 18974-2.jpg
中部商業との2回戦、 粘り強いピッチングを見せた宮古総合実業の仲宗根純平=26日、 アトムホームスタジアム宜野湾

ファイル 18974-3.jpg
美来工科戦で力投する宮古工業の宮城凌我=25日、 アトムホームスタジアム宜野湾

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加