記事一覧

子どもらスケートボードの技を競う、フリマも開く

 






2018/03/24 21時06分配信 - スポーツ -

 K8ZCUPVol・3 (主催・SKATEBOARDSHOPK8Z) が24日、 カママ嶺スケートパークで行われた。 幼稚園児から40代まで約30人が出場し、 スケートボードの技を競い合った。 会場周辺ではフリーマーケットが行われた他、 パーラーも出店。 晴天にも恵まれて多くの観客が訪れて楽しんでいた。
続き
 競技はビギナー、 ミドル、 オープンの3クラスで予選と決勝が行われた。 出場者は1人1分の持ち時間で様々な技にチャレンジしていた。 3回目となる今大会には沖縄本島からも7人が出場。 小学生の参加も目立ち、 ビギナーには女子も出場していた。
 ミドルクラスに最年少で出場した山本五十鈴くん (東小2年) は 「強い人と一緒に出場できて楽しかった。 色んな技が見られたけど、 負けたと思った」 と感想。 スケボーを始めたのは3歳で 「滑っていると風が涼しくて気持ちいい」 と話した。
 主催者の砂川和之さんは 「スケートパークができて競技がしやすくなり、 特に小学生が増えている。 大会も3回目となり定着してきた。 フリーマーケットも開き、 スケボーを知らない人にも足を運んでもらえるようにした。 年齢の低い子どもから大人まで一緒に楽しめるイベントにしたい」 と話していた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18967-1.jpg
スケボーでジャンプする小学生=カママ嶺スケートパーク

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加