記事一覧

「今年も盛大に」下地島空港施設がトライ大会寄付

 






2018/03/14 09時01分配信 - 社会・一般 -

 4月22日に開催される第34回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・市など) の運営や成功に役立ててほしいと下地島空港施設は13日、 市役所平良庁舎に大会長の下地敏彦市長を訪ね、 寄付金を贈呈した=写真=。 下地市長は感謝を述べるとともに、 大会の成功を誓った。
続き
 同施設の三田克則社長と比嘉英彦取締役が下地市長を訪問。 寄付金を手渡した三田社長は 「トライアスロンの時期が来た。 伊良部島もコースに入っているので皆楽しみにしている。 今年も盛大に頑張ってほしい」 と激励した。
 下地市長は 「皆さんの協力で良い大会にしたいと思う。 今年からスイムは2周になり、 見ている人も近いので楽しいのでは。 選手の安全も確保できる。 1つの試みだが頑張りたい」 と意気込みを述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18891-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加