記事一覧

料理で伊良部島の食、再発見

 






2018/03/13 09時04分配信 - 社会・一般 -

 伊良部島食と暮らし事業協議会 (山里英也会長) は11日、 伊良部公民館で 「島の食、 再発見!家庭料理大集合in伊良部島」 を開催した。 料理研究家の枝元なほみさんと島のおばあが 「伊良部島の食、 んなま (今) ・んきゃ~ん (昔)」 のトークショーで意見交換したほか、 島の食材を使った料理 (伝統・催事・保存・普段食) を持ち寄り、 試食も行われた。
続き
 同協議会は島独自の食材や食文化、 離島ならではの暮らしの魅力を 「たからもの」と捉え、島人や観光客に体験させることを通じて島人と観光客との交流機会を創出し地域文化の伝承、 地域の活性化を実現していくことを目的に活動している。
 2016年度からは農林水産省 「農山漁村振興交付金 (農泊推進対策)」 の採択を受け、 ▽食に関する情報収集▽家庭料理大集合イベント開催▽食の体験プログラムの造成▽加工品 (島ラッキョウ油など) ―に取り組んでいる。
 昨年に続いて行われた家庭料理大集合イベントには25人から 「カボチャとローゼルのサラダ」 「トウガンとなまり節の煮込み」 「なまり入りちまき」 「メリケソ汁」 など50品の多彩な料理が出品された。 各料理には料理名、 作った人、 食材・分量、 作り方、 料理への想い・物語が記載。 参加者たちは食材や作り方などに目を通しながら試食していた。
 ゴーヤやカツオ、 ローヤルゼリー、 カボチャなどを食材にした料理を持ち寄った宇井美和さん=伊良部=は 「島には食材がたくさんあるので、 いろいろコラボして作った。 工夫して作ることや (各家庭の) 違った料理を食べるのも楽しみ」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18887-1.jpg
伊良部島の食材を使った料理を試食する参加者たち=11日、 伊良部公民館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加