記事一覧

国保税課税限度額を見直し基礎課税額58万円に

 






2018/03/09 09時07分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市国民健康保険運営協議会 (下地昭雄会長) は8日、 諮問のあった国保税の課税限度額改定は妥当と下地敏彦市長に答申した。 改定では基礎課税分の限度額を現行の54万円から58万円に引き上げる。 下地市長は 「市民の負担を考慮しており、 しっかりと国保の運営を頑張りたい」 と述べた。 施行はことし4月1日から。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18868-1.jpg
下地会長 (左) から答申を受け取る下地市長=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加