記事一覧

トライ専門委員会 スイムレイアウトなどを確認

 






2018/03/09 09時05分配信 - スポーツ -

 来月22日に行われる 「第34回全日本トライアスロン宮古島大会」 へ向けて第1回専門委員会が7日、 市総合体育館で行われた。 担当職員の顔合わせを兼ねて各部からの調整事項が報告されたほか、 今大会からのスイムコースの変更に伴う会場レイアウトについても確認した。
続き
 今大会には1700人の定員に対して2982人 (男2677人、 女305人) が応募。 4月22日午前7時からスタート。 与那覇前浜のスイム3㌔、 バイク157㌔、 ラン42・195㌔の計202・195㌔で競われ、 ゴールの市陸上競技場を目指す。 スイムコースは従来1周3㌔で行われていたが出場選手の安全性等を考慮し、 2周回3㌔ (1周1・5㌔) にコース変更となった。
 実行委員長の長濱政治副市長は 「本番までもうすぐ。 安心安全な大会となるよう皆さんとしっかり意見交換をしよう」 とあいさつした。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18866-1.jpg
スイム会場のレイアウトなどを確認した実行委員会=7日、 市総合体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加