記事一覧

インディペンディエンテ宮古島 17年度活動報告

 






2018/03/09 09時04分配信 - スポーツ -

 宮古島市をホームとするアルゼンチンC・A INDEPENDIENTEの公式支部 「INDEPENDIENTE JAPAN MIYAKOJIMA」 の選手らが7日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 2017年度の活動などを報告するとともに今後の目標などを発表した。
続き
 同チームは昨年5月からJTAドーム宮古島でサッカースクールを開校。 現在は70人の生徒が在籍している。 また、 今年からはより良い育成活動を行うためにクラブチームとして公式戦等にも出場しているという。 報告では加持楽空君、 砂川魁里君、 高島眞櫂君の3人が福岡での夏合宿やフットボールフェスティバルに出場したことや選手一人ひとりが今後の目標を述べた。
 同クラブの川久保悠代表は 「インディペンデンテは現在でも南米で2位、 世界でもベスト6に入るクラブ。 日本で初めての公式支部として宮古島で設立することができた」 と述べた。 選手たちからの目標を聞いた下地市長は 「五輪優勝やプロサッカー選手など高い目標を持つのは良いこと。 基本的な技を身に着けるよう頑張ってほしい」 と話した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18865-1.jpg
下地市長に活動報告などを行った選手たち=7日、 市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加