記事一覧

北中打楽器六重奏が九州銀賞

 






2018/03/06 09時03分配信 - 教育 -

 先月10日に佐賀県で行われた第43回九州アンサンブルコンテストに県代表として出場した北中学校吹奏楽部打楽器六重奏のメンバーが5日、 宮古新報社を訪れ、 銀賞を受賞したことを報告した。 惜しくも 「全国」 は逃したものの、 生徒たちは 「やれることはすべてやった。 悔いは残っていない」 と晴れやかな笑顔でコンテストを振り返った。
続き
 生徒たちは九州大会出場を決めてから土曜日、 日曜日は昼と夜の2部練習、 平日も午後7時30分ごろまで毎日練習を重ねてきたという。 大会を振り返りそれぞれが 「演奏する時も緊張はせずにとても楽しかった。 練習の成果を発揮できてやりきったと思うので悔いはない」 と笑顔で話した。
 顧問の長濱靖教諭は 「少し準備不足なところもあったが生徒たちは出来る限りのことをしたと思う」 と話した上で多くの人たちから支援を受け九州大会に参加することができたと謝意を述べた。
 九州大会出場生徒は次の通り。
 2年生=平良彩貴、 平良瞳来、 國仲宝石、 川満緒都▽1年=目取眞千華、 長嶺ゆい

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18843-1.jpg
銀賞受賞を笑顔で報告した打楽器六重奏のメンバーと長濱教諭=宮古新報社

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加