記事一覧

さんしんの日 伝統音楽継承へ気持ち新たに演奏

 






2018/03/05 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 3月4日の語呂合わせで 「さんしんの日」 の4日、 宮古民謡保存協会、 宮古民謡協会、 琉球古典音楽野村流伝統音楽協会宮古支部が演奏を行った。 各会場では多くの会員らが愛用の三線で 「かぎやで風」 や 「豊年の歌」 などを演奏。 子どもから大人までの愛好者が心を一つにしながら、 受け継いできた伝統音楽の継承へ気持ちを新たにしていた。
続き
 宮古民謡保存協会 (砂川次郎会長) の 「第26回ゆかる日 まさる日 さんしんの日」 大演奏会は、 JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで行われた。 約100人の会員らが 「かぎやで風」 や 「豊年の歌」 などを演奏。 日頃の稽古の成果も披露しながらの演奏では宮古民謡などの音色や歌声が響いていた。
 砂川会長は 「たくさん集まっていただき、 ありがとう。 短い時間だが最後まで楽しく演奏していこう」 と呼びかけた。
 会員らは 「豊年の歌」 に続いて、 「米のあら」 「なりやまあやぐ」 「家庭和合」 「古見の主」 「與那武岳金兄小」 「とうがにあやぐ」 「大世栄」 「酒田川」 「池間の主」 「鏡原馬場あやぐ」 「宮国の姉がま」 「漲水の声合」 を演奏した。
 この日は日曜日とあって子どもたちの姿もあり、 愛用の三線で一生懸命に弾いていた。

 琉球古典音楽野村琉保存会宮古支部 (波平重夫支部長) は市平良西里のレストランで 「第26回ゆかる日まさる日さんしんの日」 を開催。 正午の時報を合図に一斉に参加した約30人が三線を演奏した。
 午後12時の時報を合図に 「かぎやで風」 の演奏がスタート。 この後も 「恩納節」、 「こてい節」、 「安里屋ゆんた」 など19曲を奏でた。 同支部メンバーは研究所や市中央公民館のサークル、 市社協の長寿大学で学ぶ人たちと分かれているがこの日は息の合った三線の音色を響かせた。
 会場は琉球古典音楽野村流の始祖である野村安趙の子孫5代目・野村安潤さんが経営するレストランということもあり、 イベントに合わせて野村流音楽のさらなる発展も祈念した。 会では琉球箏曲興陽会宮古支部 (下里恵支部長) の会員らも参加し一緒に演奏した。

 宮古民謡協会 (渡久山徹会長) の 「さんしんの日」 の演奏会は午後5時から、 城辺の上区構造改善センターで行われた。 小学生からベテランまで70人余が参加し、 心をひとつに合わせて先人から伝わる宮古の民謡を奏で、 三線を通して親睦を深めていた。
 渡久山会長は 「子どもから大人まで 『さんしんの日』 に参加してもらい嬉しい。 一般の人も聴きにきてくれている。 三線と民謡の継承につながれば。 これだけの民謡好きが集まって大人数で弾くと迫力があり、 『さんしんの日』 ならでは。 こうした機会に会員同士交流してほしい」 と話し、 会員に 「きょうは皆で最後まで楽しもう」 と呼びかけた。
 演奏会は 「とうがにあやぐ」 で幕を開け、 「大世栄」 「鏡原馬場」 「石嶺の道」 「豊年の歌」 などを演奏。 小中高校生による合奏、 一般の独奏も行われ、 共に三線と民謡を楽しんだ。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18834-1.jpg
「さんしんの日」 演奏会で心を一つに三線を弾く愛好者ら=JAおきなわ宮古地区本部ホール

ファイル 18834-2.jpg
正午の時報に合わせて一斉に演奏する会員らと演奏に合わせて踊りも披露された=レストランのむら

ファイル 18834-3.jpg
「さんしんの日」 で演奏する宮古民謡協会の会員たち=上区構造改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加