記事一覧

さんしんの日 伝統音楽継承へ気持ち新たに演奏

 






2018/03/05 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 3月4日の語呂合わせで 「さんしんの日」 の4日、 宮古民謡保存協会、 宮古民謡協会、 琉球古典音楽野村流伝統音楽協会宮古支部が演奏を行った。 各会場では多くの会員らが愛用の三線で 「かぎやで風」 や 「豊年の歌」 などを演奏。 子どもから大人までの愛好者が心を一つにしながら、 受け継いできた伝統音楽の継承へ気持ちを新たにしていた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18834-1.jpg
「さんしんの日」 演奏会で心を一つに三線を弾く愛好者ら=JAおきなわ宮古地区本部ホール

ファイル 18834-2.jpg
正午の時報に合わせて一斉に演奏する会員らと演奏に合わせて踊りも披露された=レストランのむら

ファイル 18834-3.jpg
「さんしんの日」 で演奏する宮古民謡協会の会員たち=上区構造改善センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加