記事一覧

ボクシングの比嘉大吾に県民栄誉賞授与へ

 






2018/02/21 09時06分配信 - スポーツ -

【那覇支局】翁長雄志知事が20日午後、 県庁で記者会見し、 プロボクシングWBC (世界ボクシング評議会) フライ級王者の比嘉大吾選手 (22) =宮古工業高校卒、 白井・具志堅スポーツジム=と具志堅用高氏に県民栄誉賞を授与すると発表した。
続き
 翁長知事は 「比嘉選手は、 昨年5月に25年ぶりの県出身世界チャンピオンとなった際に県民栄誉賞の資格は十分にあると申し上げた。 4日のタイトルマッチでは沖縄で37年ぶり4度目の世界戦で悲願となる初の勝者となり、 15試合連続KOという日本記録に並んだ。 この活躍は、 県民に大きな感動と誇りを与えたことから県民栄誉賞を授与することとした」 と説明した。 表彰式の日程は、 比嘉選手らと調整の上、 後日決定するとしている。
 また、 具志堅氏については 「1976年10月に県出身者で初の世界チャンピオンとなり、 その後、 世界王座防衛13度、 世界王座6連続KO等の偉大な日本記録を樹立した。 当時の県民に大きな感動と勇気を与え、 また現在もその記録を保持し続けている。 その顕著な功績は当然、 県民栄誉賞に値するものであるが、 当時はその制度がなかったため授与することができなかった。 今回の機会に愛弟子である比嘉選手とともに授与することとした」 とコメントしている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18767-1.jpg
沖縄県が県民栄誉賞の授与を決めた比嘉大吾選手 (右) と具志堅氏=資料写真

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加