記事一覧

海中公園環境専門委調査、台風影響でサンゴ消失

 






2018/02/20 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市海中公園環境整備専門委員会 (委員長・土屋誠琉球大学名誉教授) が19日、 平良港ターミナルビルで行われた。 2016年7月から行われているサンゴのライントランセクト調査がまとめられ、 16年7月までは生存及び自然加入があり回復の兆候が見られていたが同年の白化により群体数などが激減し、 現段階では自然加入による回復は 「偶然の大量加入」 が無い限り容易ではない等の報告があった=写真=。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 18756-1.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加